ぺこあおむしが人気~!エリック

かなり気に入ってるのでお出かけ用にボードブックも検討中10ヶ月の娘に購入しました。ページ数の割に値段は高いですが(旦那いわく「1枚160円じゃん!」)!サイズもA4で手ごろだし!内容も解りやすい有名な本だし!文字の量もちょうどいい感じ。もう!ページを開いただけで!スラスラ読み上げてしまいます。

これっ♪

2017年01月10日 ランキング上位商品↑

ぺこあおむし エリックはらぺこあおむし [ エリック・カール ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

この絵本自分が子供のときお気に入りだったので懐かしいです。はらぺこあおむしは1度は目にした事があるとおもいますが!こちらは英文入り!両文あっても読みやすくおすすめです!楽天ブックスなら送料無料だし!届くのも早い☆。あおむしがむしゃむしゃ食べているシーンで「どうぞ」など話しかけてるなど大好きな絵本です。この本は英文もあるので、まるで通訳をした感じです。読むのをやめると怒るので連続して読んでます。他の絵本はあまり興味を示さなかったのですがこれだけはすごいです。子供と楽しく!絵本を読みましょう!お勧めですよ☆英語でも日本語でも読み聞かせができるのがよいです。旦那さん外国人で日本語が得意ではないので、息子さんに読み聞かせが出来ると好評です。思っていた以上に気に入ってくれて!寝る前の絵本は必ず「はらぺこあおむし!」何度も読んでいるうち!自分でも読むようになり!すっかり覚えてしまいました。英語版+日本語版で2冊買うのと値段的には違わないでしょうが、子供がアルファベットとかなを同時に見ることができるのはいいかも。英語でも読めるのでとてもいいと思います。絵がとてもカラフルで楽しい気持ちになります。子どもが幼稚園で読んでもらってから!お気に入りの一冊になりました。短い英文なので読みやすいし、色使いもきれいで絵だけを見ていても楽しめる絵本です。次はくまさんのを買おうかな♪はらぺこあおむしは本の種類が多くて選ぶのに迷ったのですが英語の原文も載っているこちらにしました。何より、英単語も一般的な語で難しくなく、安心して読み聞かせ出来るレベルなのが嬉しい!さっそくお腹の赤ちゃんに読んであげました(^∀^)こちらの本はしかけはほとんどありません。私自身の英語の勉強にもなるかな。ベビーもくぎずけです!仕掛けも楽しくて!とてもオススメの本です!はらぺこあおむしのお話は!曜日も数も成長も学べるお話です。私もこどもの頃に好きだった絵本で!娘のに読んであげたくて購入しました。まだ7カ月なので何のことだか分かっていないようですが!きれいな色使いの絵をじーっと見ていました。幸い!発行元の偕成社が乱丁としてすぐに交換対応してくれたのでよかったのですが!ネット書店を利用してこんなことは初めてでした。何がこんなに、子供の心をつかむんだろう・・と不思議になるくらいですが、「買って良かった」と思った本のナンバーワンになりました!幼稚園にもあるし図書館や友達から借りたりネットでみたりと買わずにいましたが、はらぺこあおむしが大好きな子供のためにクリスマスプレゼントとしてとうとう購入しました。本の内容は満足なのですが!今回!本屋で立ち読みされていたような折目(雑にページをめくった跡)やキズのついた本が届き!びっくりしました。喜ぶこと間違えなしです。しっかりしたハードカバーの本なので2歳の息子にはめくりづらいかな?と最初は思いましたが!好きでよくめくっています。世代を超えてに人気作品が二か国語で書かれているのは、国外に住む友人にとても喜ばれました。娘にも読ませてあげたいと思い!英語でも読めるお得なこちらを購入しました。ちなみに途中のページサイズが小さくなる部分は!読みにくくめくりにくいです。そしてこの本は同時に英語も学べるという、優れた本です。英文を目にすることから、始まりますよね。もう少し大きくなって一緒に読めるようになるのが楽しみです。自分も大好きですが子供たちも大好きな本です。英語にも興味が持てたらと日英両方の詩がついた物にしました〜小さい頃に自分が好きだった絵本。その辺の本屋には両方はおろか英語のみの絵本もなかなか置いていないので、ポイントが高い時を狙ってこちらで購入しました。楽天ブックスの商品管理には疑問を感じぜるをえません。英語でも読めるのを探していたので!よかったです。甥っ子へのプレゼントですが必ず喜んでくれると思い選びました。息子には日本語で読み聞かせていますが!原文とのニュアンスの違いなどが子供の頃親しんでいた本なので自分にとっても興味深くて良いです。娘に何回か読んであげたら毎日何回も読んでって自分から持ってくるようになりびっくりしてます。英語と日本語の両方で書かれているところが気に入って購入。お値段高めな気もしますが買って満足です。最初は食いつきが悪かったんですが、何度か読み聞かせるうちに興味が出たのか、本に手を伸ばすようになりました。